2009年11月16日

失言では済まされない小沢一郎の妄想

例によって少し古いニュースだが、あまりに酷いので取り上げる。

キリスト教は排他的」民主・小沢氏、仏教会会長に(読売新聞2009.11.10)
小沢さんいわく
キリスト教もイスラム教も排他的だ。排他的なキリスト教を背景とした文明は、欧米社会の行き詰まっている姿そのものだ。その点、仏教はあらゆるものを受け入れ、みんな仏になれるという度量の大きい宗教だ

言ってくれるじゃないの。

小沢さんの真意は分からないが、本気でそう思っているのだとしたら、度し難いとはこのことだ。それ以前に、どう思っていようが人前で言って良いことと悪いことがあるだろう。これではまるっきり森喜朗と同レベルの妄言である。かつて森さんが「神の国」と言った時には、私は神道の信者ではないので「本当に頭悪いなこの人は」と呆れただけだった。しかし今回は事情が違う。私は仏教徒なのだ。

こういう場合、仏教徒が率先して怒るべきだろうと思う。私は怒っている。まったく、少しは勉強してもらいたい。ついでに言えば、幼稚な思い込みによる小沢さんの誤りを正さない「全日本仏教会」とやらも、だらしない。
posted by 非国民 at 06:38| Comment(11) | TrackBack(1) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 俗流日本人論の一亜流の端っこの言論によくありがちなものですね。仏教の平和主義。
 つまりベトナムは仏教ベースで平和な国で、アメリカはキリスト教による世界征服を企んで、ベトナムを侵略したんだ、とかいう結論も導けそうですね。
Posted by kuroneko at 2009年11月17日 10:11
たしかにありがちなんですが、宗教を票としか見ない思慮の浅さにも腹が立ちます。
Posted by 非国民 at 2009年11月18日 04:35
業務連絡:

貴兄のフレットレスベースが、アネの家で発掘されたそうだ。どう致しましょうか? 連絡ください。
Posted by 黒木 at 2009年11月18日 14:11
おお、そんなものもありましたなあ。懐かしいですが、残念ながら私が生きているうちに使うことは無いような気がします。そちらで好きにして下さい。
Posted by 非国民 at 2009年11月18日 22:22
日本は宗教がらみの票が多いので、遅かれ早かれ出てくるであろう発言ではあった。
Posted by はなゆー改めぷりん号 at 2009年11月19日 02:57
 こんなアホなこと言うには、アホでない理由があるのかと妄想してみました。
 自分たちだけでは仏教団体と思っている連中へのサービス、そして、カメや社民に「おまえらの代わりはいるんだ」というメッセージかも。
Posted by 南郷力丸 at 2009年11月20日 05:53
はなゆーさん
たしかに予想されたことではありますが、その言葉の貧しさには驚き呆れます。

南郷はん
サービスになってるのかなあ、現に仏教徒である私は怒ってるんだけど。しあしあの団体のことだから分かりません。
Posted by 非国民 at 2009年11月20日 08:46
すくなくとも、「有効な政策を実行すれば、支持は自ずと集まる」というにでなく、「自民党の集票基盤を徹底的に崩すことが政権基盤の確立」という選挙屋リアリズムがあるのだろうとは感じさせますね。
Posted by kuroneko at 2009年11月20日 11:28
それはあるのかも知れませんね。「いつの時代のリアリズムだよ?」という疑問はありますが。
政治家の語る言葉の貧しさは、政治の貧しさそのものな訳です。そう思うと腹が立つやら情けないやら。
Posted by 非国民 at 2009年11月20日 21:45
わたしは仏教を学びたいと思ってますが、まだ実践してません(つらつらと本をつまみ食いしてるだけ)。が、その動機となったチベットのダライラマ14世の言葉を貼っておきます。
できれば、こういう知的な(というか、当たり前な)言葉を発する人が、政治家だったり宗教家だったり、ひいては、身近で近所のお寺さんや町に一人位はいる誰からも尊敬されるおじさんおばさんだったりすると、本当に、のびのびとした暮らしができるのでしょうね。
以下引用:

(とりわけ、人が自分について説明するときに、互いの共有点を述べるかわりに、“私は仏教徒です”“私はキリスト教徒です”“私は無心論者です”と二次的な特徴を述べてしまうことがいかに多いかという点を指摘され)

「他者の権利を尊重することです。他者の意見を尊重しなければなりません。私は仏教徒、私はキリスト教徒、というふうに二次的な特徴を過度に強調してしまうと、“私たち”“あの人たち”という感情が生まれます。“あの人たち”という感情が生まれてしまうと、いじめよう、攻撃しようという誘惑に駆られやすくなります。今日(こんにち)、私たちは、経済的、環境的に、人間として共通の利益を求めていく必要があります。共通の目的に向かって働きかけねばならないのです。常々申し上げていますように、“私たち”と言うときには世界中の人々のことを指していなければならないのです」

http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/2009japan/report/091103.html

まぁ、ちょっと、話題がずれてるような書き込みですが、許してね。
Posted by nafchie at 2009年12月02日 11:43
タリバンがバーミヤンの石仏を破壊した時に、多くの良識あるムスリムは「いかなるイスラムの教えによっても正当化されない暴挙だ」と心を痛めていました。つまり、それが「私たちの問題」だということなのかも知れません。
Posted by 非国民 at 2009年12月04日 03:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133045574

この記事へのトラックバック

神道ってなに? 
Excerpt:  gegengaさんの06年2月のエントリーにコメントがつきました。そこでわたしもコメントをつけて、東南アジアの精霊観念と日本の「カミ」観念を並べてみました。  神道は、日本の国教か ..
Weblog: みんななかよく
Tracked: 2009-12-05 19:02