2010年04月14日

プリンを飲む

非常に重要な点なので改めて確認しておきたいが、
私は決して甘いものが好きな訳では無い。
好きな訳では無いが、やむにやまれぬ事情というものがある。

千葉限定「飲むプリン」。

pudding1.jpg
見るからに素人っぽい怪しげな缶を前に、しばし黙考する。果たしてプリンは飲み物なのか。

製造は長生郡長柄町のジャパンフーズ株式会社。ここの企画を当ブログで摘発するのは何と四回目である。「梨風味サイダー」「びわ風味サイダー」、前回の「さつまいもオレ」、そして今回だ。全くもって、いい加減にして頂きたい。

千葉県民以外にとってはどうでもいいことだろうが、千葉県は鶏卵出荷額全国第二位だそうである。私も知らなかったが缶にそう書いてある。そんなに田舎に住んでいるという自覚は無かったので軽くショック。

意を決して缶を開ける。では一口おおを飲めない。
何と、液体ではなかった。

カスタードプリンの質感そのものだ。プリンをスプーンでグチャグチャと掻き混ぜた様な粥状の物体が缶に入っていたのである。粘度が高いとか言うレベルではなく半固形物だ。缶を傾けても口の中に流れ込んで来ないので、吸い込んだり缶を揺すったりして、どうにか飲む、これは結構大変だぞ。なぜ缶に入れるのか!? 

pudding2.jpg缶を振り振りグラスに注いでみる。正確には、注ぐという動作とも少し違うのだが、これを形容する日本語はまだ無いのではなかろうか。

まさしくプリンの色。

味もプリンそのものだ。結構甘いが、そりゃプリンだから甘いのは当然だろう。予想もしていた。プリンだと思えばごく常識的な味で、決して不味くはない。問題はただその質感にある。いや、缶に入れて売ってしまったのが最大の失敗なのか。普通にプリンとして売り出していれば世を騒がすことも無かったろうにと思う。

千葉限定の奇品「飲むプリン」。今ひとつ飲み物になり切れていない点が惜しい。

缶に描かれている牛は総子。さつまいもオレの房子とコンビらしい。
souko.jpg

追記;今気付いたが、缶の裏に小さな字で「よく振ってからお飲み下さい」と書いてあった。まあ、あれだな。お互い頑張ろうじゃないか。
posted by 非国民 at 01:34| Comment(16) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミルクセーキに少しとろみをつけたと考えてよろしいか?
Posted by kuroneko at 2010年04月14日 08:32
面白すぎます。是非、これからも頑張って続けて下さい。

それはそうと、私は時々プリンを作ります。砂糖を控えめにすれば、甘くないプリンも作ることができます。

非国民さんも是非お試しあれ。
Posted by 黒木 at 2010年04月14日 09:49
房子はともかく総子って・・・しかしまあ、これはもはやドリンクではないですね。プリンの缶詰です。よって南関東毒調委の調査対象である「毒物ドリンク」の範疇から外れます。無駄足です。ご苦労さまでした。じゃ、私は忙しいのでこれで。
Posted by やきとり at 2010年04月14日 11:42
kuronekoさん
ミルクセーキを蒸して固めてから冷やし、さらにぐちゃぐちゃに崩せば、概ね近いと考えてよろしい。

黒木さん
はい、今回は冗談抜きに自分で自分が面白かったです。
ところで甘くないプリンの存在理由に些か引っ掛かるというか、そもそも黒木さんがプリンを作るというのが衝撃的ですが、果たしてその用途や如何に。

やきとりさん
さすがに「総子」はどうなのかと、私も思います。色々な意味で悩ましい牛ですね。
今回の物件がドリンクに該当するのかどうか、実態に即して考えれば相当に疑問なんですが、缶には当たり前のように「清涼飲料水」と記載されています。私たちは「清涼飲料水」の定義をもう一度考え直す必要がありますね。
Posted by 非国民 at 2010年04月15日 04:00
>果たしてその用途や如何に。

ただ単に食べるためです。

甘さ控えめではあっても、全く甘くないわけではありません
Posted by 黒木 at 2010年04月18日 09:45
「房子」も「総子」も、読みは「フサコ」で一般的な人名ですが…
その前に「清涼飲料水」って、確かに謎ですね。
念のため法令DBを検索してみたんですが「清涼飲料水」そのものの定義が見当たらない<見当たらないまま法律で使われてるってのは、やっぱり一定の常識なんでしょうが。
Posted by とみんぐ at 2010年04月18日 22:54
黒木さん
やはり意外。何かプリンに恨みでも?

とみんぐさん
清涼飲料水の謎は深いですね。炭酸飲料水ではないものを漠然と指しているようにも思われます。
なお「総子」は「ふさこ」ではなく「そうこ」です。これは一般的とは言い難い。
Posted by 非国民 at 2010年04月20日 06:17
>やはり意外。何かプリンに恨みでも?

プリンが好物だから自分で作って食すのです。

市販のものは甘すぎるしバニラの嫌な風味がするので、

自分に丁度良い甘さのプリンを作って食すのです。

どこに不自然なことがありますか??
Posted by 黒木 at 2010年04月20日 20:42
生きて行くというのは楽じゃありませんなあ。
合掌。
Posted by 非国民 at 2010年04月21日 07:21
以前プリンに醤油をかけて食べてみましたが、ウニの味なんか全然しなかったです。だまされた!
Posted by やきとり at 2010年04月21日 11:39
プリンと醤油と納豆ならどうですかね。私はやりませんけど。
Posted by 非国民 at 2010年04月21日 22:53
ナナナ、ナ、納豆を侮辱するなっ!
Posted by やきとり at 2010年04月23日 01:39
お後がよろしいようで。
Posted by 非国民 at 2010年04月24日 00:46
先生、こんなものがあるそうです

http://www.suntory.co.jp/news/2010/10746.html
Posted by 黒木 at 2010年04月28日 11:26
Posted by もぐら似のY at 2010年04月28日 16:55
いやあ、それは良かったですね。体験談の報告を心からお待ちしています。如何にして人は道を踏み外すのか。他人のケースを私も是非読んでみたい。
Posted by 非国民 at 2010年04月28日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146466469

この記事へのトラックバック