2010年06月11日

ダサ夫氏のプチブル性を糾弾する

驚いた。

南関東毒飲調粗の書記長にして、毒物探求界きっての左派論客である同志やきとりが、こともあろうにキャバクラで豪遊したという自慢話を誇らしげに延々と書き綴っているのだ。

そういうことなら私も自慢させてもらうが、キャバクラなんて苦手も何も行ったことすら無い。敢えて行かないようにしていたのではなく、そもそもそんな世界とは縁が無いのだ。私の行動圏にはキャバクラのキの字も無い。

行ったことがあるだけでも凄いよなあ、と思っているところへ、コメント欄を読んで更に驚きを深める。みんな結構行ってるものなんだなあ。

ひょっとして私の方が特殊なのか。

posted by 非国民 at 05:28| Comment(21) | TrackBack(1) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やきとりを人民裁判にかけよう。


川‘▽‘) < ぷげら  
Posted by はなゆー at 2010年06月11日 05:44
で、はなゆーさんは行ったことあるのー?
Posted by やきとり at 2010年06月11日 12:48
僕もキとは全く縁がありません。
Posted by 黒木 at 2010年06月11日 18:17
はなゆーさん
キャバクラで取り調べをすると悦ぶらしいです。

同志
あの人は、どこにでもいるのです。

黒木さん
その点については別に驚きません。だって黒木さんは特殊だから。
Posted by 非国民 at 2010年06月12日 00:17
>だって黒木さんは特殊だから。

え! そうなの??
Posted by 黒木 at 2010年06月12日 06:11
キの字へ行ったのは後学のためです。

何事も経験したかったので、、、経験のために一度ぐらいパクられてもいいかな、と思ったこともあるほどのオッチョコチョイです。

で、何を学んだかって?
パクられたときもこんな感じの息苦しさなのかなぁ、ってこと。
Posted by どくた at 2010年06月12日 09:49
この間、元キャバ嬢と飲んだら、強いの何のって。>酒が。

けど、カラオケは私の方が上手だったv
Posted by みみず at 2010年06月12日 13:27
黒木さん
え! 知らなかったの??

どくたさん
何事も勉強ですから、一度くらいは行ってみたいと思わないではありません。ただ本当に機会が無い。。。
幸いにしてパクられたことはありませんが職質は何度かあります。いや、職質って言うのかなあ、公安警察が警察官の身分を明かずに“それとなく話しかけて来る”ってのは、あれは何て言うんでしょう。

みみずさん
どう考えてもキャバクラよりカラオケの方が苦行だと思うんですが、私の認識は甘いのでしょうか。
Posted by 非国民 at 2010年06月12日 14:24
>公安警察が警察官の身分を明かずに“それとなく話しかけて来る

僕は、これ、ないもんね!
Posted by 黒木 at 2010年06月12日 19:50
>公安警察が警察官の身分を明かずに“それとなく話しかけて来る”

どう考えても非国民さんの見た目が怪しいからでしょう!
非国民オーラ全開!非国民から被告人に格上げされないよう、ご注意!

「同業者と思われている」という線もアリかもです。 ( ̄m ̄〃)ププッ
Posted by みみず at 2010年06月13日 00:55
今からでもどうですか、ひとつ。何事も経験です。
Posted by 非国民 at 2010年06月13日 00:57
私服さんとは睨み合いはするんですが、話しかけてくれたことがありません。
あ!!、睨むからいけないんだ(爆)。

と、反省はするものの、最近ではすっかりお会いすることもなくなっちゃいました。
Posted by どくた at 2010年06月13日 14:30
>今からでもどうですか、ひとつ。何事も経験です。

経験してみたくもありますが、私は非国民さんと違って、外見上まったく妖しいところがないためか、まったく声をかけてもらえません。
Posted by 黒木 at 2010年06月13日 15:37
公安に写真はとられまくっているけど、キャバクラっていったことないなあ。
職務質問は制服のお巡りさんに、買い物自転車についてきかれただけ。ママチャリが似合わなかったってことみたい。
集会で、公安とおぼしき人たちがいたから、集会がはねた後、公安さんらしき人たちの跡をついてってみたけど、そろって吉野家に入ったので諦めました。結局、違ったのかな。これからは、「もしもし、公安さんですか」って尋ねたほうがいいかな。(革命的無警戒心)
Posted by kuroneko at 2010年06月13日 23:41
どくたさん
>私服さんとは睨み合い
そっちの方が凄いと思います。私はまだそこまで根性座ってないなあ。機動隊の方々とは何度かありますが、ジュラルミンの盾を介して睨み合ってもコミュニケーションの成立度は低い。

黒木さん
人は外見では分からないもんですなあ。

kuronekoさん
そもそもキャバクラって、いつ頃からある文化なんでしょう。老師の記憶ではどうですか?
Posted by 非国民 at 2010年06月14日 18:47
私が初めて大学の先輩に連れて行ってもらった18歳の時には、ほぼ現在と同じものがありましたよ。1987年かな。wikipediaによると、1985年の流行語大賞「新語部門・表現賞」を受賞しているそうなので、バブルと同時に発生した感じでしょうか。
Posted by ダサ夫 at 2010年06月14日 21:01
18歳で豪遊とは。本当に同志なのかこの人は。
Posted by 非国民 at 2010年06月15日 19:59
マンツーマンが基本になってから微妙に苦手です。
Posted by manet at 2010年07月04日 18:23
やはりマトモな職にありついている中年プチブル男性は、多少なりとも接点があるんでしょうか、ねえ。
私だって一応働いてはいるんだけど、階層が違うのか。
Posted by 非国民 at 2010年07月04日 22:51
いまさらな返しなんですが。
なんとなく一昔前のキャバクラと合コンって素性が似てると思うのです。マニュアライズされた毒の非常に薄い「羽目はずし」という点で。

で、学生時代、芝居連中は男女混合他劇団混成で毎日のように飲んでましたが、アレを「合コン」とは言わなかった(し、合コンじゃなかった

Posted by manet at 2010年07月31日 11:05
合コンというのも不思議な文化ですよねえ。ま、どーせ私には縁がありませんが。
Posted by 非国民 at 2010年08月04日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152854550

この記事へのトラックバック

ロッテ24
Excerpt: 6月22日。朝からとにかく蒸し暑い。まるで空全体が分厚い雨雲でフタをされたような息苦しさだ。しかしマリンスタジアムに到着する頃には、キレイな夕焼けが広がっていた。カサを持ってきたのは失敗だった。私が..
Weblog: 謙遜と謙譲の音楽
Tracked: 2010-06-23 22:22