2015年02月06日

変わらないカタチ

今さらながら巷で話題になっていた白井聡『永続敗戦論』を読む。強烈な既視感とともに。

著者本人が何度も「既に何度も繰り返し論じられて来たことである」と言う様に、ほぼ全編を通じて新たな知見はなく「その話はもう何度も聞いた」感が湧き続ける。

だが一方で提起された問題が解消したわけでは全く無く、問い続けること自体は実は今でも必要なのだ。そういう意味では、こんな論者がいた方が良い。まして状況は悪化する一方で、倒錯した「この国のカタチ」から目をそらしたまま安穏と生きる余地は殆ど残されていないのだから。

私たちはいつまで無能な政府に耐える事が可能なのだろうか。
posted by 非国民 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 わたしも去年、この本を読みました。
 今ひとつピンとこないところもあったけど、前からわたしがブログでごちゃごちゃ言っていることと似たようなもんかな、という感じもしました。

 日本の国是とは
 http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10541706448.html
Posted by kuroneko at 2015年02月13日 00:11
本来なら安全保障の手段たるべき日米同盟が、それ自体目的と化しているというのは、まあその通りだと思います。考えてみれば不思議。

あと昭和の歴史をもう一度勉強してみようとは思いました。昭和天皇が死ぬまで表に出て来なかった一次資料って、結構あるんですよね。
Posted by 非国民 at 2015年02月14日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413624396

この記事へのトラックバック