2015年06月20日

国民の義務

世界中(*1)を呆然とさせた安倍さんの発言、ポツダム宣言を「つまびからに読んでいない」。洒落ではなく本当に安倍さんなら有り得るかも、と思わせるところが彼の凄さなんだけど、そこを褒めている場合じゃない。端的に言って私は日本国民として恥ずかしい。国辱、なんて言葉を敢えて使わせてもらうなら、これほどの国辱も無いと思うのだ。

管見の限りでは続報も無く、いまだに読んでいないのではなかろうか。

ポツダム宣言を読むのは日本の総理大臣の義務である。安倍さんが違うと言い張るのなら、憲法改正の際には条文に明記せねばなるまい。

そして、総理大臣にポツダム宣言を読ませるのは日本国民の義務である。全ての国会議員、並びに全てのメディア、その他誰でも良いが、あらゆる機会を逃さず「その後ポツダム宣言を読みましたか? そしてどうお考えですか?」と、彼が答えるまで何回でも何十回でも何百回でも問い続ける必要がある。それは義務である。


(*1) というのは言い過ぎで、世界の殆どは日本の事なんかに興味は無い.まあこれは言葉の綾という事で。

 
posted by 非国民 at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…いやぁ、最近の報道を見てると彼らはどこか別の世界で初等教育を受けたんじゃないかと思うことしきりです(比較的に近い年齢層としては…)

ポツダム宣言然りですが、以下の条文は中学校で学習してような気がするんですよね…たぶんあの人たちは習ってないんでしょうけど。

日本国憲法
第九十八条  
 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第九十九条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
Posted by とみんぐ at 2015年06月21日 21:24
政治家としての資質がどうとか口にするのも虚しいです。ほとんど基礎学力の話ですから。

民主主義が機能するための必要条件、それが次々と失われているように感じます。
Posted by 非国民 at 2015年06月21日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420971621

この記事へのトラックバック