2015年07月31日

平和ボケ

なんて言葉は私は嫌いで出来るものなら使いたくないが、安倍さんと安倍さんの取り巻きは、やっぱりボケているなと思う。

だいたいにおいて日本人は戦争が下手だ。向いてない。どこが下手かと言えば、まず戦争の終わらせ方を知らない、というか考えてもいなかった。何しろ「目指せ一億玉砕」だからね。戦争の終わらせ方を考えてもいなかった事から必然的に帰結するが、下手だと思う第二点として、戦争にもルールがあるということを理解しなかった。そして安倍さんは今でも理解していない。

集団的自衛権の行使が必要な理由として何度となく安倍さんが例に出したホルムズ海峡の機雷封鎖。たちの悪い与太話も、ここまで繰り返されると冗談では済まない。安倍さんが知らなくても戦争にはルールが有り、このケースは明らかにルール違反だ。

資源の確保を目的とした武力行使は国際法上、自衛とは看做されない。自衛じゃなきゃ何のかといえば侵略だ。世界の多くの人が「日本は石油のために侵略戦争を始める覚悟なのか」と呆れるだろう。無論、20世紀の歴史を顧みれば「またやる気か」という話になる。

ボケているとしか言いようが無い。
 
posted by 非国民 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍事力を有した組織(あえて軍隊とは書かない)に対する法規制を緩めた場合どうなるか??

今の政治家さんたちはこの組織が自分たちの命令通り動くと信じていうたがっていないようですが、この組織の銃口が彼ら自身に向く可能性について考えているのでしょうか??

Posted by 黒木 at 2015年08月09日 10:57
明らかに考えていないでしょうね。

統治権力の正当性を支える根拠である立憲主義、それを破壊した荒野で、いかにしてクーデターに抗する理屈を構築可能なのか、全く考えていない様に思います。自民党の憲法草案をみても思いますが、自分たちの手から権力が離れた時に、それでも「この憲法」で良いのか、という想像力が決定的に欠けています。

Posted by 非国民 at 2015年08月10日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423355037

この記事へのトラックバック