2017年04月26日

オーストリアとオーストラリアを間違えるな

エレクトロ・スウィングElectro Swingという最近の音楽が割と面白くて、あれこれ探しては聴いている。英米では人気が薄く、主にドイツやオーストリアを中心とした大陸ヨーロッパで流行っているらしい。

このジャンルを紹介している日本語サイトを巡っていて、オーストリアとオーストラリアを間違えて記述している例があまりにも多いとことに驚く。ダメでしょ、そこ間違えちゃ。

エレクトロ・スウィングといえばこの人、というぐらいに有名なのがParov Stelar。エレクトロ・スウィングの創始者とも言われるオーストリアのトラックメーカーだが、事もあろうに、彼を「オーストリアのミュージシャン」と紹介しているサイトが管見の限りでも複数存在する。「発祥の地」を間違えてどうする。

Kiss Me Yesterdayもオーストリアのバンドで、私は随分と気に入っているのだが、これも「オーストリアのバンド」と紹介しているサイトがある。バンドのオフィシャルサイトを見れば、トップに
  Electro Swing Live-Act from Vienna
と大書してある、にもかかわらずだ。どういう了見なのか。英語で書いてあるからオーストリアという思い込みなのか。

たしかにオーストリアとオーストラリアは紛らわしく、間違えやすい。しかし、だからこそ、間違えないように気を付けなきゃという意識が働きそうなものだ。少なくとも私はそうやって育ったと思う。どちらも最近になって出来た国ではないのだし。

例えばスロヴァキアとスロヴェニアは紛らわしい。これを間違えるのは、もちろん自慢できる話ではないが、まあ私らの年代では仕方がないと思う部分もある。どちらも私が学校教育を受けた時には無かった国だからだ。

モルドヴァとモルドヴィアも激しく紛らわしい。MoldovaとMordoviaだが、カタカナで表記すると判別が難しい上に、どこにあるのかも知られているとは言い難い。どっちでもいいという声が聞こえて来そうだ。

これらに比べたら、オーストリアとオーストラリアなんて分かりやすいものだ。いろいろと全然違うのだし、是非とも間違えないようにしたい。少なくとも文章に書いて公開する時ぐらいは。

0fc3cd07.jpg
 
posted by 非国民 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック