2020年06月21日

NYも日本も謎だ

ニューヨーク州知事のクオモさんが、新型コロナ流行第1波を終息とみなし、111日間欠かさず続けてきた会見を一旦やめるとの報。そんなに毎日続けているとは知らなかった。

クオモさんの会見は私も何度か見たが、他人の作文を読んでるだけじゃないということが既に新鮮だった。比べちゃ失礼なのは分かっているけど、何よりもそう感じた。

それはそれとして、世界でも最も厳しいレベルの外出制限を3ヶ月続けてやっと終息、という事実に愕然とする。

まず、3ヶ月もかかったということは、本当にそれがロックダウンの効果によるものなのか非常に疑問。結局は、日本と同様に「何で減ったかよく分からない」という状況じゃなかろうか。

次に、本当に3ヶ月かかってロックダウンの効果が出てきたのだとすれば、それはそれで大問題な気がする。これから感染拡大が予想される多くの都市が「とてもじゃないが真似できない」と判断する可能性は少なくない。

州政府がロックダウンも含めて打てる手は全て打った、というのは事実その通りで、だからこそ謎は残る。
 


posted by 非国民 at 01:28| Comment(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]