2021年02月13日

結構揺れたぞ

地震が来た。そこそこ大きい。10年前の記憶が微かに蘇るほとの揺れだ。

10年前と違うのは、iphoneが「地震です」と叫んだこと。その時点では、まだ揺れていない。iphoneの叫ぶ地震速報は空振りが多い。今回も空振りか、と思ったところに揺れが来た。割と遠いということだ。

揺られながら、もしかしたらこれはヤバいかも、と思った。思ったところで、当研究開発のアジトは12階なので、逃げるという選択肢はない。しかも今回はトイレの最中だった。「人には誰しも定命があるので死ぬのは仕方ないにしても、こんな格好で死体が発見されるのは恥ずかしいなあ」と、そんなことをぼんやりと考えていた。覚悟の足りないのは10年前と全く変わらない。達観して死ぬのは難しく、達観して生きるのはもっと難しい。

地震が来たけど少し遠いみたいだ、という時に真っ先に震源地を確認するのは10年前に身につけた習慣だ。福島だったらヤバイ。福島第一には今現在でもヤバイ原子炉(跡)がある。それも一つではない。どれか一つに深刻なダメージがあって人は誰も近づけない、となったら、残り全ても時間の問題だ。いまニュースを確認した限りでは、どうにか大丈夫のようだ。

なんてことを書いているうちに、隣の消防署から慌ただしくサイレンの音が響いてきた。
 
posted by 非国民 at 23:54| Comment(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]