2014年06月07日

言葉の壁(新しい玩具その後)

携帯電話の言語環境を英語にしている。最初に携帯を持つようになってから、ずっとだ。何故そんな事をしたのか今となっては思い出せないが、どうせ深い意味は無いのだろう。持ち慣れない携帯電話というものが何となく気恥ずかしく、少しばかり粋がってみたのかも知れない。

馴れというものは恐ろしく、あるいは惰性と言うべきか、基本的な用語を英語で覚えてしまったせいで、その後も携帯電話を買い替える度に設定を英語にして使っていた。「設定」とか「一般」とか表示されても直感的に理解出来ず「setting」「general」のほうがしっくり来る。電話帳も、読みをローマ字で記入してあるので、全てアルファベット順に並んでいる。

さて今回のiPhone5s。迷うことなく最初にやったのが言語環境を英語に変える事だった。ちなみに、次にやったのはtextsize→large。はい、ただの老眼です。

今までの携帯で英語にしていて不便を感じた事は一度も無かったが、今回初めて言葉の壁に直面した。世の中の殆どの人にとってははどうでもいい事だろうが、構わず書く。

第一はsiri。今どきのiPhoneにはsiriという音声認識インターフェースを供えたアプリケーションがある。当初はこれも英語にしていた。なかなかの優れもので、私のメチャクチャな英語でも結構通じる。音声発話に関しては膨大なフィードバックが蓄積されているのだろう。「明日の6時に起こしてくれ」と言えば、ちゃんとアラームがセットされる仕組みだ。ところが、英語のsiriは日本語の固有名詞を全くと言って良いほど認識しない。「スズキ」も「コバヤシ」も認識してくれない。入っている電話帳にはローマ字の読みが付いているにもかかわらず、だ。地名も絶望的。「ニシフナバシ」とか「チトセフナバシ」なんて何度言っても全く分かってくれない。どこをどう聞けばそうなるのかというヘンな英語に変換される。しまいには、ここに書くのを憚られるような汚いワードに変換されて「今のは聞かなかった事にします」と叱られる始末。驚くべき事に「トーキョー」も「オーサカ」も通じない。「トーキョー駅までの道案内を頼む」と言っても通じない。「キョート」も「フクオカ」も「サッポロ」も駄目だった。何故か「シンジュク」だけは通じたが、理由が分からない。

仕方ないのでsiriは日本語に戻した。今度は一発だ。「コバヤシさんにメール」と言えば「どの小林さんですか?」と候補が出る。「ニシフナバシからチトセフナバシの乗り換え」と言えば、これも1回で理解してくれる。これは凄いことだと本気で感心する。アクセントはいい加減、語尾は曖昧、語順は適当という日本語をここまで正確に聞き取れるというのは唯事ではない。日本語のsiriは英語版よりかなり遅れて公開されたが、単に後回しにされたというだけではなく、アルゴリズムの構築に相当の時間が掛かったのではないかとも想像する。

思うに、英語のsiriは聞き取り能力の問題という以前に、日本の地理、いや,日本の事全般をそもそも知らないのではなかろうか。試しに英語siriに「McDonald's near me」と言うと、ちゃんと聞き取って(当たり前だ英語なんだから)理解した上で「近くには見つかりませんでした」と言ってくる。知らないのだ奴は。知らないなら知らないと言うべきじゃなかろうか。同じ場所で日本語siriに「近くのマクドナルド」と聞けば「○件見つかりました」とすぐに候補を出してくれる。この場合「Makudonarudo」と日本語(?)で発音しなければ通じないのが面白い。

問題の第二は、地図。iPhoneのマップアプリには音声付きでルート案内してくれるという素敵な機能があって、siriを日本語にしてもiPhone本体が英語設定だと英語での音声案内になる。日本語siriに「どこそこまでの道案内」と頼むとマップアプリが立ち上がって、そこからは英語での案内になるのだが、こいつがまた何とも微妙。日本の道路を大雑把には知っているようだが、細かい路は知らないらしく、ちょっと遠回りな幹線道路メインの道順を示されたりする。裏道で迷っていると平気で案内をサボる。ちなみにディメンションはマップアプリの設定で変えられるので、何マイルと言われる事は無く、画面表示はもちろん音声での案内も「あと何百メートルです」と言ってくれる。

これも想像だが、言語設定が地図にリンクしているのかも知れない。日本語は一つしか用意されていないが、英語の設定には4種類あり、English(U.S)、English(U.K)、English(Canada)、English(Australia)から選べる。これは単に方言を区別しているのではなく、それぞれが該当地域の地図に対応していると考えるのが妥当だろう。日本で緻密な道案内を期待するのなら日本語で設定するのが合理的なように思える。

以上の二点が、目下直面している言葉の壁であった。まあ私の場合、iPhoneをカーナビとして使う機会はそれほどないだろうし、歩いている時は画面の地図を見れば良いのだから、英語のままでも何とかなりそうだ。

posted by 非国民 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

新しい玩具

とうとうガラケーではyahooメールが見れなくなると通告されたので、仕方なく携帯電話を買い替える。iPhone5s。軽く馬鹿にしていたが、今さらながら使ってみれば、なるほど便利に出来ている。

電車の中で後生大事にスマホを抱え込んでいる連中を見るにつけ「こうやって人類はアホになって行くのだなあ」と思っていた。いや、今でも思っている。

いずれ私もそうなるのかも知れない。
posted by 非国民 at 03:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

健忘の府

閣議決定された「エネルギー基本計画」があまりにも酷過ぎて、笑っている場合ではないんだけど、もう笑うしかない。福島の事故がまるで全く無かったかのような「計画」は、一体どこの国の話をしてるのかとさえ思う。

福島の事故の教訓から真剣に学べば原発の安全性は飛躍的に高まる。それは間違いないと私も思う。その場合にコストはどうなのかと言う話は当然あるけど。しかし今回の「計画」では、事故から何かを学んだとは思えない状態で原発を再開しようとしている。あれほどの大事故、しかもまだ進行中であり、日本人の意識を根底から変えてしまったに違いない事故を忘れ去って、ただ漫然と「以前の状態に戻す」ことに果たして意味があるのだろうか。

現実的に考えれば、もはや日本では新規の原発立地計画は無理なのだから、いずれ原発はゼロにならざるを得ない。安定供給も何も、それを前提にした計画以外にはあり得ないと思うのだが。あるいは、電力供給という話からは少し外れるが、原発以外に殆ど産業がないという町をこの先どうしてくのか、そっちを考えるべきだと思う。
 
posted by 非国民 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

マツコさんには興味が無いけど

ちょっと前に関わった舞台で、素敵に体格のよろしい方が出演していた。同業者が「マツコだ。。。」と感心したように言う。

さてマツコさん、名前だけは聞いたことがあるが詳しいことは何も知らない(実は見たこともない)ので、
「マツコさんて、何する人なの?」と件の同業者に尋ねる。

「本当は男なんだけど女装趣味でガチホモで・・・」と長い答えが返って来たが、「女装」と「ホモ」が当然のように繋がっているその言い回しに何か引っ掛かる。異性装にも様々な類型があって、セクシュアリティーの問題とは必ずしもリンクしないと思うのだが、同業者の認識や如何に。仕事中だったこともあり、その点は深く掘り下げることもなく会話は途切れてしまった。

そっちの世界に興味が無い人の一般的な認識は、やっぱりその程度なのかな。私だって、そんなに凄く興味がある訳じゃないんだけど。
 
posted by 非国民 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

市場の気分

世の中では株価が急騰しているようで、半年で5割の上げですか。いやあ凄いですねえ。と言っても、別に私が儲かっている訳では無いので、凄いですねという以上の感想は特に無い。

ただ、いささか気に掛かる点もある。素人の素朴な疑問だが、誰も予想しなかったほどの勢いで株価が急騰するような局面で、「一般物価は意図した範囲にコントロール可能」なんてことがあり得るのだろうか。
 
posted by 非国民 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

飲み合わせ

ワインの後のジンは、結構ヤバい。同じアルコールなのに破壊力が段違いだ。

中年男が今更知る人体の不思議。
posted by 非国民 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

まあ、モノは考えようで

されば世の人ほど大胆なるものはなし。もうどうにでもなれと思う一方で、既にこれ以上悪くなりようもないほどに最悪だった自民党政権末期の状況に戻っただけだとも言える。たかだか三年前の話だ。そして自民党が末期的であることは今も変わらない。

日本の終わりはまだまだこれからだ。
posted by 非国民 at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

頭を冷やす

昨日今日と埼玉県の坂戸で野外の現場。田舎だから少しは涼しいかと思いきや、とんでもない酷暑である。常日頃鍛えているわけでは全く無いので、屋外にいるだけで着々と体力を消耗する。水分を摂っても摂っても瞬時に汗となり、いくら飲んでも足りた気がしない。

風が無いというのが、ことのほかキツい。ぢりぢりと炙るような日差しが、弛緩した中年の身体を苛む。

伝え聞くところでは、かつて大陸の禅僧が「滅却心頭火自涼」と悟ったそうだが、かくなる境地、凡夫には遥か想像の彼方である。僧は体温調節機能が壊れていたのではなかろうか。そもそも心頭を滅却して仕事になるのか。茹だった大脳皮質がとりとめもない雑念を垂れ流す。

そのうちに頭が痛くなってきた。これぞ熱中症一歩手前というやつだろう。設営会場の隅に水道があり、かがみ込んで頭に冷水を浴びる。cold shutdown。いや違う。この場合そうは言わなくて、何だっけ、ええと。。。cool down、そうクールダウンだ。しばし正気を取り戻す。

頭を冷やすというのは、やはり効くのだな。どうにか生還。
posted by 非国民 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

意味の無い繋ぎ

最低でも月に一度は何か書こうと思いつつ、なかなか筆が進まない。さして忙しい訳でもないのだが、要するに「気が向かない」のだ。

とりあえずは、まだ生きているという報告。明日からは長野。
posted by 非国民 at 20:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

忘れていたmixi

高校時代の友人よりmixi経由で連絡が来た。「お久しぶり」と言われて「はて誰やったかな」と、しばし名前を見つめる。これも耄碌か。

そんなことより、mixi自体をすっかり忘却していた。もとより放置状態ではあるのだが、自分が登録していたということ以前に、mixiなるプラットフォームの存在そのものが意識の中に無かった。ログインするのも何年ぶりだか思い出せないほどだ。

mixiの放置は、ほとんど登録当初からだ。未だfacebookにも興味が無いし、私はSNS一般に縁が薄いらしい。何がイヤ、という訳でもなく、要するに「使い途」が思い付かないのだ。


余談だが現職の首相も同じ高校の出身者だ。そんな訳で最近は密かに肩身が狭い。
posted by 非国民 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする