2006年07月25日

マンガって難しい

マンガを読むという習慣が無い。
正確に数えたことはないが、今までに読んだマンガを全部あわせても30冊を超えないと思う。
年1冊に満たないペースだ。

続きを読む
posted by 非国民 at 15:30| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

10年間の無策

『国の借金』という本を読んだ(石弘光,講談社現代新書)。これがなかなか面白い。

続きを読む
posted by 非国民 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

海陽学園に持っていきたい10冊

近頃話題の(?)海陽学園。
gegengaさんうちゃさんのところで知りました。
全寮制というものぞっとするが、何より気に入らないのは、本の持ち込みが10冊までに制限されていること。
私のような活字人間は生きていけないだろうな。

続きを読む
posted by 非国民 at 19:44| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

五十嵐太郎『新宗教と巨大建築』

日本近代の新宗教、特に天理教、金光教、大本教を中心に、その宗教建築の様態を詳細に検討した好著。講談社現代新書2001。

続きを読む
posted by 非国民 at 00:42| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ボヴァリー夫人

自慢することじゃないが、私には、古典文学の教養が(も)無い。
文学部に5年間もいたくせに、古今東西の名作と言われる小説は、たいがい読んでいないのだ。近代リアリズム文学の金字塔と言われるフローベールの『ボヴァリー夫人』も、未だに読めずにいる。

続きを読む
posted by 非国民 at 01:10| Comment(12) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

パヴェル・コホウト『愛と死の踊り』

チェコの作家、Pavel Kohoutの小説である。
ずいぶん前に買ったきり、何年も本棚で埃をかぶっていた一冊。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9930381465
ふと手に取って読んでみたのだが、これは面白い。
こんな凄い本を、なんで今まで読まなかったんだろう。

続きを読む
posted by 非国民 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

『アラーの神にもいわれはない』

問題は、共感するかしないか、なのではない。読むか、読まないか、それだけなのだ。
あまりにも残酷な現実から眼をそらすために美しい物語を読む、そういう人がいても構わない。だが、そうではない人、この世界に対して眼を閉じず、耳を塞がずにいたいと考える人は、必ず読まなければだめだ。
アマドゥ・クルマ『アラーの神にもいわれはない〜ある西アフリカ少年兵の物語』(真島一郎 訳)人文書院2003
allah_n'pas.jpg
読め。
posted by 非国民 at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

ブルマーの社会史

高橋一郎/萩原美代子/谷口雅子/掛水通子/角田聡美『ブルマーの社会史』青弓社2005、なる本、巷で少々話題だったので読んでみました。

続きを読む
posted by 非国民 at 01:51| Comment(8) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

『荒れ野の40年』岩波ブックレット

当方にTBを頂いた FFK.net Steel Cage さんのブログに「過去に目を閉ざすものには現在も見えない」というタイトルがありました。
おお、これはたしか……と本棚の隅から取り出した一冊。
1985年5月8日、ドイツの敗戦40周年にあたってリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーRichard von Weizsäcker大統領が連邦議会で行った演説の全文です。

続きを読む
posted by 非国民 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

猪瀬直樹・山口昌男『ミカドと世紀末』

サブタイトルは「王権の論理」新潮文庫1987。
古本屋で見つけて、この正月に読了。

続きを読む
posted by 非国民 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする