2015年03月22日

毒を喰らわば海まで

半ば自棄になっての連投。自棄の生じたる所以を専門用語で役割期待と言う。

image-92ffb.jpg
名にし負うジャパンフーズ。今回のブツは海サイダー。

やはり飲むのか。

生きていれば思い通りに行かない事も多いが、死んでしまえば、もっと思い通りに行かないような気もする。楽に生きるのと楽に死ぬのとでは、どちらが難しいか。

死後の世界を考えるなと釈尊は説いた。

死んだ後の事は分からない。
誰にも分からない。
どんなに考えても分からない。
分からない事を考えるのは時間の無駄だから、
そんな暇があったら、この世界でどう生きるかを考えよ。

釈尊の教えは簡潔にして深い。

image-68c2b.jpg
余談が長いのは、もちろん飲みたくないからだが、書き始めてしまった以上、いつまでもこうしてはいられない。グラスに注いで、ああ前回と一緒。オベーションのウクレレを見た時のような「やっぱり」感。されば意を決して一口。

     お、意外に普通のサイダー。。。。

  普通のサイダー。。

サイダー。

ああ何とゆう事でしょう、これはサイダーだ。一瞬だけ普通のサイダーかと思わせておいて、絶妙の半拍遅れで激毒香が押し寄せるのが今までのパターンだったので、10秒ほど固まってしまった。

来ない。何故か今回に限って来ないぞ怒濤のアレが。慌てて缶裏に記載された原材料を確認すると、そこには「食塩」。まあ海だからなあと思いつつ、改めてじっくりと味わうと、そこには微かな汐の味が、いや普通のサイダーだ。これでは記事にならない、もうこんなに書いてしまったのに。

再び缶裏を凝視する。「千葉県の海水よりつくった塩をひとつまみ」と明記されている。私が飲んだのは海サイダーで間違っていない。が、いつまで待っても海の香りはやって来なかった。

海の塩を入れてここまで真っ当なサイダーを創るメーカーが、どうやったら果物をあそこまで不味く出来るのだろう。人の営みの奇怪なること、ついぞ底知れず。埼玉県民は海が無い事を悦ぶべきや否や、そんな事にさえ思いが及ぶ深夜の一杯であった。
posted by 非国民 at 02:06| Comment(11) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

問答無用のイチゴ毒

長い浮世に短い命。色々と試してみたいとは思いつつ、さすがに不味いと分かっているブツにはおいそれと手が出ない。

image-cd5b0.jpg
名にし負うジャパンフーズ。

これこそもう不味いに決まっているわけだが、何故か眼の前にある。眼の前にある理由は至極単純で、先日遭遇したジャパンフーズ工場至近の道の駅で売っていたからだ。良く考えると理由になっていない気もするが、生きていれば思い通りにならない事も多い。

道の駅というのは、何時の間にやら随分と増えたようで、今では日本各地に千カ所以上もあるそうな。運転していると近くを通る事は珍しくないが、私は滅多に入らない。大体ロクなものを置いていないのだ。

全てとはいわないが、殆どの道の駅は、何らかの補助金によって成り立っている公共事業であり.....公共事業であるが故に積極的に利益を上げようという動機が薄く.....従って魅力的な商品に乏しい.....とまあ、要するに日本の補助金行政が推進する駄目サイクルの一症例である。こうやって地方は更なる摩滅へと向かうわけだが、滅多に入らない道の駅にわざわざ立ち寄ったのは「ジャパンフーズ至近」というその立地に「嫌な予感」がしたからだ。

予感は見事に的中し、いま私の眼前にある房総サイダーいちご風味。いつまでも政治の不毛を嘆いているわけにもいくまい。意を決してまずはグラスに注いでをををなんと

image-c8930.jpg
無色透明の炭酸であった。

せめて何かしらイチゴっぽい色を付けようとは思わなかったのか。さすがは低脳県限定の老舗毒なれば。よもやグラスに注いで飲む酔狂人がいようとは敵も考えなかったか。

果たしてその味は、予想を遥かに潜る酷さであった。どうせ不味いんだろう、人工的なイチゴ香料に咽せるんだろう、とは思っていた。思ってはいたが、その攻撃における「人工的」な采配を、まだまだ私は読み切れていなかったのだ。かき氷で攻めてくるか、歯磨き粉で攻めてくるか、敵の戦略は精々その程度だと踏んでいたのだが、口腔に揮発する現実はそのどちらでもなかった。

これは全く新しい、今まで体験した事の無い、それでいて間違いなく人工的な、微かなイチゴ風味である。そして果てしなく不味い。やたらと強気な炭酸が漏電のようにビリビリと舌を刺す。

日本人は、これほどのことをやり遂げられるのだ。その感慨に深く浸るべく、是非とも御一飲あれ。
posted by 非国民 at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

既知との遭遇

ほぼ例年の事ながら2月は暇だ。

さしたる仕事も無く、日本の未来は愈々暗く、久しぶりに海でも眺めようかと茂原街道を下っていたら、ソレは突然視界に入って来た。

image-893f1.jpg


ジャパンフーズ。

本ブログで幾度となく取り上げて来た、房総を代表する毒物ドリンクメーカーだ。最近ではこれ
http://feiguomin.seesaa.net/article/146466469.html
思ったより最近ではなかったな。ちなみについ先日、とある友人より「毒物ネタをもっと書くべきだ」と催促されたばかり。

初めて目にする工場は、予想を遥かに越える大きさで、あろう事か堂々と看板さえ掲げている。むろん看板のあればこそ私にも認識出来たわけだが。

それにしてもまあ白日の下にジャパンフーズ。

image.jpg


何と言うか、もっとこう「闇の密造組織」みたいな感じを想像してたんだけどなあ。軽くがっかり。そして九十九里の海は狂ったように荒れていた。
posted by 非国民 at 05:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

山を飲む

夏景炎熱の候、どこまでも日本の未来は暗く
fuji1.jpg
得体の知れぬ瓶をじっと見る。

毒物業界にとって千葉県とは何なのだろう。近所で入手出来てしまった静岡県産「富士山サイダー」を前にして、その疑問は尽きることが無い。

木村飲料と言えば、斯界では知らぬ人の無い毒物ドリンクのトップブランドである。「カレーラムネ」「わさびラムネ」あたりは特に有名で、わざわざこの記事を読むほどの奇人であれば、一度くらいは耳にしたこともあろうかと邪推する。

「カレーラムネ」も「わさびラムネ」も、実はその近所の店で売っていたのだが、この辺は、まあ何と言うか、あまりにもストレートにその不味さが想像出来てしまうので、さすがに手を出さず。その横に並んでいたのが。今回のブツ「富士山サイダー」だ。安易な想像を許さない不穏なネーミングに臆しつつも手を伸ばす私は、しかし何を期待しているのか。

fuji2.jpg

飲んでみれば、何の変哲も無いサイダーの味であった。たしかに原材料を見れば何の変哲も無い材料ではある。とは言うものの、同じように何の変哲も無い糖類・酸味料・香料の類いだけで果てしなく不味いという飲み物が、過去に何度も確認されているのだから、人間の営みというモノは奥深い。今回はネーミングだけが不穏というの稀なケースであった。

ただし、何の変哲も無いサイダーをわざわざ好んで飲む習慣は私には無い。おそらく二度と飲むことは無いと思う。
 
posted by 非国民 at 04:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

糖禍2013

酒の類いは概ね好きで、ウイスキー、ラム、テキーラ、ワイン、ビール、日本酒、などなどなどなど、何でも美味しく飲む。とりわけ好きなのがタダ酒で、人様から頂戴した酒に関して美味いの不味いのと文句を言うことは滅多に無い。

滅多に無いが皆無ではない。今回は言いたい。美味い不味いではなく、甘いのだ。

プラハオペラのスタッフからお土産に頂いた一本。その名はBecherovka。

becherovka-1.jpg

チェコ語。銘柄が既に読めない。安直な私は通訳のT氏に教えを請う。
「なんか貰ったんですよ、ベシュロフカ? とか何とか。。。」
通訳T氏即座に応えていわく
「ああ、ベロフカですね。養命酒みたいなものらしいですよ」
自身は全く酒を飲めないというT氏がすぐに分かるくらいだから、お土産としては割と定番なのかも知れない。ベロフカと「ヘ」を太字で書いたが、これは日本語のハ行とは全く違う子音で、喉の奥から強く息を押し出すような音だった。バッハやシューマッハの[ch]かと気付いたのは、ずいぶん後になってからだ。いやアレはドイツ語だから関係ないか。でもすぐ隣だし同じビール文化圏だし、正書法の確立に当たっては何らかの影響があったのかも知れないと勝手に想像する(*1)。

ビール文化圏と言っても、それはチェコの中でも主に西側、プラハを含むボヘミア地方だけのことらしい。東側のモラヴィア地方は全くのワイン文化圏だ。あとはポーランドに近いシレジア地方というのがあって、この三つでチェコが構成されている。というのは通訳T氏の受け売りだが、モラヴィアのワイン文化はハンガリーの影響なのかな。

さてこのBecherovka、ボトルを見るとアルコール度数は38%。ということは醸造酒ではなくリキュールということだろうか。仔細に瓶を眺めても、私に読めるのはこの38%Vol.とPRODUCT OF THE CZECH REPUBLICのみ。裏側には2言語での記載があるが、これはチェコ語とスロヴァキア語なのかな。両者の違いは方言みたいなものだと私は漠然と思っていたが、割と違う言葉らしい。日本人の通訳T氏が「僕はスロヴァキア語はぜんぜん分かりません」と言ったのは本当に驚いたが、そのくらい違うそうだ。「でも彼らはずっと混じり合って暮らして来たから慣れてるんでしょうね。それぞれがチェコ語とスロヴァキア語で喋っていて意思疎通出来てるみたいです」。

余談が長くなったが、それでは一杯。

becherovka.jpg

なかなか素敵な琥珀色だが、その味や如何に、というのは最初に書いてしまったではないか。

甘い。ラムやバーボンの「甘口」というのとは明確に異質な甘さ。甘口ではなくリアルに甘い。大量の砂糖が入っているのか、あるいはこの琥珀色は蜂蜜によるものか。色々と薬草系の香りが複雑に立ち上がっては来るのだが、いかんせん甘さのインパクトが強過ぎてグラスを持つ手さえ心なしかベタベタと粘つくような気がする。「養命酒みたいなものらしい」というT氏の伝聞情報を今さらながら思い出す。そうか。そう来たか。

加水しても甘さは変わらず。

激甘リキュールといえば、以前貰ったシチリア土産のリモンチェッロがそうだった。アレもなかなか手強く、最終的には冷凍庫でキンキンに冷やしたストレートを小さなグラスでぐいっと一気に飲むのが正しいと悟ったのが、果たして「養命酒みたいなもの」をキンキンに冷やすのは正しいのだろうか。

ライムジュースで割るとずいぶん飲みやすくなったが、これはやはり邪道だという意識が拭えない。基本的に私は酒に水と氷以外の混ぜ物をしない派だ。ラムに限っては、船乗りの酒ということで壊血病予防のためにライムジュースを入れるのも作法かなと思うが、それ以外は、ちょっとどうかと思う。たしかに他の酒もライムジュースで割ると美味しいと思うことはあるのだが、結局どれも同じような味になってしまって、じゃあアルコールなら何でもいいじゃないかという話になってしまう。酒そのものの味を楽しむという道からは外れていると言わざるを得ない。

そうこう言いつつも、まだボトルに7割方残っているBecherovka。どうしたものか。

とりあえずは口直しにラフロイグを一杯。


*1 後日T氏と再会する機会が有ったので確認したところ「偶然でしょう」とのこと。2013.10.28追記
posted by 非国民 at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

気分はカブトムシ以下


salty-watermelon1.jpg

今年も毒ペプシの季節がやってきた。

salty-watermelon2.jpg

君は

カブトムシ以下の気分

を想像出来るか?
 

 
posted by 非国民 at 21:23| Comment(12) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

謎の信仰とその資金源

温泉そのものには魅力を感じないが、温泉に対する日本人の執念には興味があって、あれこれ調べているうちに「そういえばラジウム温泉とかラドン温泉とかいうのがあったなあ」と思い出した。

放射線の害が広く知られるようになった昨今、さすがにもう流行らないだろうと思いきや、意外なことに今でもあるようだ。

常識的に考えて、世の中に「身体に悪い放射線」と「身体に良い放射線」が存在するとは思えない。いくら温泉に由来するとはいえ、放射線は放射線なのだから身体に良い筈は無いと考えるのが妥当である。

ところが、ちょっと検索してみると「ラジウム温泉が健康に良いくらいだから、少々の放射線は平気だ」という、まことにもって本末転倒した議論が展開されていたりして目を疑う。私には理解し難い謎の信仰だ。

それどころか「微量の放射線は却って身体に良い」なんて主張すらあったりする。専門用語(?)で「放射線ホルミシス説」というのだそうだが、これがまた、いかにも怪しい。「説」そのものの怪しさはもちろんだが、それを主張しているサイトが、実に怪しい。

例えば「ラドン温泉は健康にいいの」という記事。「放射線と健康を考える会」という看板は、一見したところ学術団体ぽいが、<iips.co.jp>で検索すると、このページそのものが「国際広報企画」なる民間企業のサイトに置かれていることが分かる。どんな会社かと概要を見れば、クライアントには電力会社と原子力企業がずらりと並んでいる。実に分かりやすい怪しさだ。

あるいは「温泉から放射線」という記事。温泉宿の宣伝記事かと思えば、こちらは関西原子力懇談会のページ。会長は関西電力の副社長である。これまた分かりやすい怪しさだ。

もっと凄いのになると、「安全安心科学アカデミー」なんてのもあって、こちらは原子力発電、特にプルサーマルを推進するにあたって住民を安心させるための広報機関として設立されたことを隠してもいない。

日本で最も熱心に放射線ホルミシスを研究しているのは、おそらく電力中央研究所であろう。これは言うまでもなく電力会社による電力会社のための研究機関だ。

疑似科学の根絶が難しいとかいう話の以前に、電力会社がどれほど広汎に金をばら撒いているかを垣間見て、改めて驚く。それもこれも、全てコストとして電気料金に上乗せされているかと思えば、腹立ちもなお一層。

さらに調べると「ラドン開発事業団」だの「ホルミシス臨床研究会」だのといった団体まで出てきて、この辺になると、もはや怪しいどころか、ほとんど「トンデモ」の領域である。

ラドン温泉関係者には誠に気の毒であるが、残念ながら「放射線ホルミシス説」の主張には科学的なエビデンスが全く無い。まともな研究者が相手にしていないのも当然かと思われる。
posted by 非国民 at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

文明の痺れ(第二試合)

再び「電気ブラン」に挑戦。ストレート、トワイスアップ(よりは濃いめの加水)、オンザロックと試してみた前回の続きである。

ソーダ割りがイケルんじゃなかろうかと思い、近所のコンビニで炭酸水を買ってきた。満を持しての第二試合。

denkibran2nd.jpgが、これは見事に失敗。得体の知れない香草系の匂いが、はっきり「薬品臭」と化してしまった。毒物系ペプシにも通じる怪しさだ。甘さは比較的抑えられて、そのぶん飲みやすくはあるのだが、全く美味しくないものを飲みやすいと表現するのも日本語として如何なものかと思う。

気を取り直して、今度はお湯割りで頂く。

これは悪くない。今まで試した中では一番マシなように思えるが、もはや何が悪くて何が悪くないのか、己の判断力が摩滅している可能性も捨て切れない。

再びお湯割りを一杯。揮発したアルコールの臭いで「俺の苦手なジャンル」が誤摩化されているようだ。二杯目になるとやはり甘さが口に残るが、甘い酒だと観念して嗜む分には、まあ悪くない。

そうこうしているうちに、360ml入りの小瓶は残りわずかとなった。最後は再びロックで飲んでみよう。でも今日はもういいかな。
posted by 非国民 at 05:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

文明の痺れ

失業状態で引きこもっている人間の屑は昼夜構わず酒を飲む。

denkibran1.jpg

群馬出身の同業者に貰った何故か浅草名物の「電気ブラン」。学生の頃に一度だけ神谷バーで飲んだことがあって、高校だったか大学だったか、その辺の記憶は曖昧だが、あまり美味しくはないと思ったことだけは覚えている。不惑を過ぎた身には、どのように滲みるのだろうか。

名前の由来は電気「ブランデー」ということなので、まずはブランデーの作法通りストレートで頂く。あいにくブランデーグラスなんて洒落た物は持ち合わせていないので、グレンリヴェットのオマケに付いてきたウィスキーグラスで一杯。

denkibran2.jpg
うーん、なんだろう。。。

なんか臭う。酒の香りとは一線を画す得体の知れない薬品臭。香草とか薬草とか、そういう類いなのかな。

自慢じゃないが、私は香草の類いが苦手だ。嫌いな食べ物はシイタケだけじゃない。シソだけは不思議と大人になったら食えるようになったが、ミツバ、サンショウ、シュンギク、ミョウガ、セロリ、パセリ、ユズ、今でも全部苦手だ。パクチーなど問題外。草餅のヨモギだって好きじゃない。なので、残念ながら電気ブランの香りの元を分析するのは体質的に困難である。ああこれは◯◯の香りだなあ、と把握する以前に「オレの苦手なジャンル」とカテゴライズしてしまう。

少し水を足してみた。酒と水を2:1くらい。ウィスキーの場合は、これで結構美味しくなる場合が多い。のだが、電気ブランはやや手強い。加水することで、よりいっそう「苦手なジャンル」の香りが醸し出されてしまった。さらに甘さもやや強く感じられる。

これは冷やして飲んだ方が良いのではないか。ブランデーにあるまじき扱いだが今度はロックで頂くことにしよう。シーバスのオマケに付いてきたロックグラスで一杯。

denkibran3.jpg
正直、美味しいとは言いかねるが、随分飲みやすくなった。やはりブランデーだとは思わない方が良いということだろうか。それでも飲み続けているうちに、やはり若干の甘さが口に残る。炭酸で割ったらもっとイケルのではなかろうかとも思ったが、酒を炭酸で割るという習慣がそもそも無いので、炭酸水を置いていない。これだけのために買いに出るのも億劫だし、そんなに何杯も続けて飲む物でもなさそうだ。そろそろ口直しに辛口の酒が欲しくなってきた。

------------------------------------------------
【4/27追記】
続きはこちら
posted by 非国民 at 05:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

不思議の国の甘い誘惑

失業状態で引きこもっていると、ついつい隙が出来るというか、閾値が下がるというか、魔が差す瞬間が豊富に訪れる。

ガラガラスカスカのコンビニの棚で大量に売れ残っていて否が応でも眼に入る今日の物件は、サントリー社製「不思議の国のスパークリングチョコレート」。これほどまでに“あからさまな毒物”を前にして、普段の私ならしばしの黙考があるのだが、失業中の身はいとも簡単に手を伸ばしてしまう。無駄な金を使っている場合ではないというのに、人間の考えることは時々分からない。

chocolate_sparkling.jpg

無色透明な液体の原材料は、果糖ぶどう糖液糖、香料、酸味料、カフェイン、テアニン。カカオが含まれていないことを「当然」と感じる己の病理を深く自覚する。飲む前からこんなに後悔しているというシチュエーションも久しぶりだ。

案外しっかりとチョコレートの香りを感じるから、文明というのは凄いなあと思う。凄いとは思うが、そこを褒めてどうするのだろうか。ちなみにチョコレート味と炭酸は、どこまでも調和しない。これは一言でいうと、要するにあれだな、ペプシチョコレートだ。

人は何故こういうモノを作って売ってしまうのだろうか

こんな駄文を書き散らしつつ、自分が社会の役に全く立っていないという失業者の境遇を哀しく受け止めるのであった。
posted by 非国民 at 02:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 毒物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする