2015年05月28日

食い合わせの学習

とある酒蔵さんから酒粕を頂いた。

どうして良いのか分からないので適当にネットで調べたら、オーブンで焼いて醤油を垂らすと旨い、と書いてあった。他にも色々とレシピがあったが、これが一番簡単そうだ。さっそくやってみる。

なるほど、これはなかなかイケル。酒のツマミにちょうど良いので、焼いた酒粕を齧りながらバーボンを飲んでいたら、夜半過ぎに頭が痛くなってきた。これは、例のあれか。やっちゃいけない組み合わせというやつか。大概のことはネットで調べられる時代だが、自分で試してみないと分からない事もある。

ただの飲み過ぎかもしれないけど。


【追記】
上の記事を書いた後で、酒粕を齧りながら日本酒を飲んでいたら、やっぱり頭が痛くなってきた。この男、本当に学習しているのだろうか。

posted by 非国民 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

年度末に深酒

素敵な梅干が手に入った。

田舎に住んでいるという自覚は薄いのだが、車でちょっと行くと農産物の直売所があったりする。ふと魔が差して立ち寄ってみれば、昔ながらの梅干これあり。

最近の梅干は塩分控えめが流行りだが、コイツは違う。原材料は「梅、シソ、食塩」。それでいて賞味期限は来年だ。そのガッツリした味わいこそ酒のツマミに相応しい。

クリームチーズと合わせるとスコッチウイスキーが滅法旨い。寿命の縮む至福。
posted by 非国民 at 00:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

米の酒は旨い

数日間の謹慎もとい節制を経て、足首の捻挫は概ね完治。とはいうものの、相変わらずさしたる仕事も無く、再び酒を飲む毎日。

日本酒を飲んでいる。もとより米の酒は好きなのだが、この何年か家で呑む事は控えて来た。金が掛かって仕方がないからだ。

今回も

image-ac6bb.jpg
こうするつもりが

image-548d6.jpg
あっという間にこうなり、己の未熟さを深く思い知る。

でもやはり旨いものは旨い。

image-fc0b6.jpg
番茶のような色合いだが、これは赤米を使った酒。程よい酸味と甘味が素晴らしい。

image-1f386.jpg
これは20年ものの古酒、木戸泉の「古今」。どっしりした重厚な原酒を醸す蔵元なので、熟成によって深みのある渋い味わいになる。口当たりは極上の紹興酒に近い。なかなか立派な値段なので、本当はちびちび飲みたいのだが、いや本当に旨い。

日本に住んでいて良かったと思える希少な瞬間だ。
 



posted by 非国民 at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

味噌煉瓦の耐久性

日本風の食事に縁が薄く、味噌というものを滅多に使わない。分量の加減がよく分からず、いつも多めに入れてしまうのだが、いかんせん使う機会が少な過ぎてなかなか減らない。スーパーで売っている1パックを使い切るのに相当の年月が掛かる。

味噌は保存食ということになっているが、それでも賞味期限なるものは存在し、あっという間にそれは切れる。上杉謙信は好物の味噌と梅干だけで杯を重ね、あげく寿命を縮めたそうだが、かつての味噌はもっと塩分濃度が高かったのかもしれない。

賞味期限をとっくに過ぎて冷蔵庫に放置された味噌は、かちかちに乾燥して煉瓦状の塊と化している。使うときはナイフで削って湯に溶かし込む。ますます分量がよく分かず、やっぱり毎度多めに入れてしまう。発酵食品の趣は既に無く、もはや違う種類の食べ物のような気もする。
posted by 非国民 at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

気分は再びカブトムシ

maple-3.jpg前回の続き、というか、同じシリーズである。「秩父のカエデ樹液で作ったサイダー」の、前回飲んだのは「メープル」で、今宵は「紅茶」。

前回のレポートで、さほど肯定的には論評しなかったブツの同シリーズを、何でまた性懲りもなく試しているかといえば、理由は簡単で、二本一緒に買ったからだ。

紅茶の意図が今ひとつ掴めないのだが、それをいうなら、そもそも前回のメープルこそ何なのだろうか。カエデ樹液サイダーのメープル味とは、これいかに。全くの同義反復であって、意図以前に意味が分からない。

分からないなりに紅茶味を一杯。

maple-4.jpg豊かな香りと上品な甘さは変わらず。紅茶のフレーバーはごくごく控えめで、言われればそうかな、と微かに感じる程度である。ただ、今回は若干の酸味があって、結構飲みやすい。サイダーとしての完成度はこちらの方が上と見る。しかしながら、何故紅茶バージョンに酸味なのか、もはや凡夫の想像力は遠く及ばない。

 
posted by 非国民 at 01:09| Comment(13) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

気分はカブトムシ

当節のB級毒サイダー乱立はさすがに目に余るものがあり、何でもかんでもサイダーにすれば良いってもんじゃないと思うのだが、それにしても毎日暑い。

maple-1.jpg巷で見かけて面白いと思ったのが「秩父のカエデ樹液で作ったサイダー」。

NPO秩父百年の森と秩父樹液生産協同組合の取り組みによって生まれたブツで、瓶に記載された販売者は秩父観光土産品協同組合である。秩父も火薬だけではないのだな。maple-2.jpg

よく冷やしてグラスに注いでみる。シェリーを思わせる淡い琥珀色が印象的だ。ではさっそく一杯。

おおっ、これは。メープルシロップの豊潤な香りと上品な甘さが絶妙に炭酸とマッチして・・・・・いない。

なんだろうコレは。決して不味いというのではない。豊潤な香りも上品な甘さも嘘ではない。しかしメープルシロップの主張があまりにも強硬すぎて、サイダーとしての完成度は些か低い。言うなれば、メープルシロップの炭酸水割りそのまま、という感じだ。

だいたい私の人生にメープルシロップは殆ど登場していない。思い当たる唯一の機会は、ホットケーキを外で食した時だ。秩父のカエデ樹液で作ったサイダーの味は、だから必然的にホットケーキの味を連想させる。私の前頭葉はその点に抵抗しているのかもしれない。ホットケーキ味の炭酸水という認識を拒絶してるようでもある。

200mlの小瓶は、釈然としないままあっという間に飲み終わった。繰り返すが決して不味くはない。


*続く
posted by 非国民 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

Penicillium属の繁栄に乾杯

苦手な食べ物は枚挙に暇がなく、香りの強いものは大概食えない。ブルーチーズもその「大概」に含まれていた。

納豆が平気なのにブルーチーズが駄目、な理由は、おそらく単純で、ブルーチーズなる生成物との遭遇が大人になってからの経験だからだろう。私の味蕾は「美味しい/不味い」の判断以前に「コイツは腐ってる」というシグナルを前頭葉に叩き出す。いわば生理的な毒物センサーが「食べ物の範囲外」と知らせるのだ。

何年か前にワインに凝った時期があって、色んなチーズを食べ散らかした。俺はもうパンとチーズとワインだけで生きて行けるんじゃないかと思った程だが(カネが掛かって仕方がないので2ヶ月ほどで止めた)、その時もブルーチーズは駄目だった。

去年あたりからウイスキーに凝り出し、スコットランドのアイラモルトをよく飲むようになって、ブルーチーズに再挑戦。今回は割とイケる。辛口過ぎて意味の分からない正露丸飲料と一緒だと、私の毒物センサーもブルーチーズを拒絶しない。アイラモルトの正露丸成分で<消毒>されているから大丈夫、ということなのだろうか。

ブルーチーズ単体で美味しいと思うところまでは修行が進んでいないのが残念だが、私の前頭葉は「腐っているけど食えなくはない」と判断しているようだ。

今宵はラガヴーリン16年をトワイスアップで。美味なり。ここに青カビ克服。
posted by 非国民 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ひや番長

流行りの豆腐みたいなネーミングだが、日本酒である。近所というわけでは無いが時々立ち寄る酒屋で、カリラとオールド・クロウを買ったら、おまけに付けてくれた。要するに貰い物だ。

小さな瓶の裏ラベルには
飛騨 蓬莱 「ひや番長」 サンプル
と記載がある。

冷やして飲むと、これがなかなか美味。180mlの小瓶はあっという間に空き、ちょっと物足りないと思うところが、まあ敵の狙いなのであろう。日本酒もこのくらい辛口だと悪くない。

posted by 非国民 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

ロッテ48

千葉県市原市は五井駅の近くで入手した一本の缶。
رمان1.jpg
何かのジュースらしい。絵から推察するにザクロであろうか。

رمان2.jpg
何かが20%である。

رمان4.jpg
無学な私に読み取れるのは「LOTTE」と「美女」ばかり。

そして中身は鮮やかなルビー色。適度な甘さと酸味を持った、やはりザクロのジュースであった。まったくもって毒物ではなく、美味である。
رمان3.jpg
しかし、字が読めないことによる「得体の知れなさ」というのがどうしても残り、小心者は素直に美味を堪能できないのであった。

いったい美女がどうしたというのだろうか。それだけが、飲み終わった今になっても気に掛かる。
posted by 非国民 at 02:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

朝酌再び

殆ど金にならない仕事が一段落し、再び人間の屑として生きる日々。午前11時半にして美酒に酔う。

今朝の寝酒はスプリングバンク10年。これまた美味なり。
posted by 非国民 at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする