2007年08月29日

ラムネの定義

「ラムネ」という日本語は、たしか英語のレモネードが訛ったものだ。
だから、言葉の意味としてもラムネは日本風レモネードなのだと、漠然と思っていた。

ところが当節ではワサビ味ラムネやカレー味ラムネというのがあるらしい。これは語義矛盾というか、すでにラムネ以外の飲み物なのではなかろうか。それとも、もはや語源のレモネードとは関係無く、ラムネは日本独自の「ラムネ」なのだろうか。

そんな疑問を持ちつつ調べてみた。
全国清涼飲料協同組合連合会によれば、ラムネの定義とは「瓶の口にビー玉で栓をした炭酸飲料」なのである。
なんということだ。あのビー玉こそがラムネをラムネたらしめているのであって、味は関係無いのであった。ワサビ味だろうとカレー味だろうと、瓶にビー玉さえ入っていれば、それは「ラムネ」なのであった。
同じものがペットボトルや缶に入っていたらどうなるのだろう。それは、おそらく日本語で「サイダー」と呼ばれるものなのだ。
posted by 非国民 at 04:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

東京バナナの謎

食に対する探究心が希薄なので、話に聞いたことはあっても食べたことの無いモノが沢山ある。東京バナナもその一つだ。
なんでも東京名物らしい。

しかし、本当にこれ、名物なんだろうか。
私はこの街で15年ほど仕事をしている。大学も東京だったから、その時期を合わせれば20年だ。東京バナナを食べたことは一度も無い。
食べたという人に会ったこともない。
だいたい東京駅と羽田空港以外で売ってるのを見たことが無いのだ。新宿でも密かに売っているらしいとの噂を聞いたが、未確認である。

ところが、先日一緒に仕事をした大阪在住大阪人のHさんは、東京バナナについてこう証言する。

嫌っちゅうほど食うたわ。東京はアレしか無いのんか?

不思議な名物があるものだ。
posted by 非国民 at 01:32| Comment(11) | TrackBack(3) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ニシンそばに関する個人的な悩み

ニシンそばという食い物がちょっと好きで、時々食べたくなる。
ところが困ったことに、東京で食べても全然嬉しくないのだ。

だいたい東京のソバの味付けが私の好みに合わないという事情もあるのだが、最近では東京でもちゃんと関西風の味でニシンそばを食わせる店がある。それでも、なにか満たされない思いが残る。

要するにアレは、京都という街が魚に関して如何に貧しいかを象徴する食べ物なのだ。マトモな魚が手に入らないから、身欠きニシンなんていう保存食をありがたがっているだけなのだ。
だから、東京で食べても、ちっともありがたくない。
いつでも新鮮な魚が食える街で、何が悲しくてニシンそばなど食わねばならぬのか、私自身も心の底ではその思いを否定出来ない。

さりげなく探りを入れてみたところ、東国出身者の多くは、ニシンなんて基本的には肥料だと思っているらしい。旬のものなら焼いて食っても旨いが、干物にしてまで食うほどの魚だとは思っていないのだ。だから、この街では私の悩みは理解されない。

困ったことである。
posted by 非国民 at 07:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

春の無毒なドリンク

遠藤製餡「あずき茶」
azukicha.jpg
こともあろうに小豆の煮汁をペットボトルに詰めて売っているのである。

続きを読む
posted by 非国民 at 01:14| Comment(5) | TrackBack(2) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

マダムシルク

久しぶりに池袋のマダムシルクで飲む。続きを読む
posted by 非国民 at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

なぜエチゼンクラゲを食べないんだろう

ここ数年、日本海沿岸に掃いて捨てても追いつかないほど大量に押し寄せて来るエチゼンクラゲ。おそらく世界最大のプランクトンである。
あれを食わない手は無いと思うのだが、どうか。

続きを読む
posted by 非国民 at 10:35| Comment(12) | TrackBack(3) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ナマコを食う

もはや何のブログなんだここは?

続きを読む
posted by 非国民 at 21:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

クリスマスの鯉

東欧の人たちは、クリスマスに鯉を食べるらしい。何故だ?

続きを読む
posted by 非国民 at 01:56| Comment(15) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

東京でホヤを食う

打ち合わせと称して阿佐ヶ谷で酒を飲む。メニューにホヤがあったので、モノは試しとばかりに注文してみた。

ホヤを食うのは2回目である。最初に食ったのは今年の夏、三陸でのことである。実に旨かった。
そのことを記事に書いたら、gegengaさんという人が、言うに事欠いて、ちょっと聞いて下さいよあぁた、「あーぁ、もうダメだ」とか言うのである。いわく「東京ではチャレンジしないほうがよろしいかと」。

そうまで言われたら、食ってしまうに決まってるじゃないですか。

続きを読む
posted by 非国民 at 00:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

食とパンチラの街

大阪に行ってきた。三泊四日の食い倒れである。
一晩目は京橋でモツ鍋。二晩目は千日前で焼肉。三晩目は道頓堀でお好み焼き。いやあ、食った食った。

続きを読む
posted by 非国民 at 23:42| Comment(11) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする