2006年05月07日

お前ら何なんだよ

最近の調査によれば、アメリカ人の実に60%が地図上でイラクの位置を答えられないのだという。一体全体どういうことなんだ。戦争してんだろ、お前ら。

いや、アメリカ人がたいてい馬鹿なのは知ってるし、日本にだって馬鹿はいっぱいいる。そういう私だって、例えばコンゴ共和国とコンゴ民主共和国がどっちがどっちだか思い出せなかったりするわけだが、いくらなんでもこれは酷すぎないか。イラクだぞ。

世界地理の知識とか学力とかいうレベルの話じゃない。
単純に「イラクがメソポタミア文明の地であること」「メソポタミアという言葉の意味」この二つだけでも知っていれば、もう答えられない筈が無いと思うのだ。
おかしいと思う私は、何か間違っているのだろうか?


posted by 非国民 at 23:58| Comment(11) | TrackBack(0) | 教育と学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと古い話だが、小泉の腰巾着の山本一太が、テレビのクイズ番組で、イラクの場所を答えられなかった!事の方が大問題!!!
元、国連職員で、自衛隊のイラク派遣を数々のテレビ番組で支持していた男がイラクの場所しらないなんて……。
Posted by ゲスト at 2006年05月08日 01:50
日本の略地図を描かせて,描いた人の出身県をあてる,という遊びを思い出しました。
如実に特徴が出るもんです。千葉の人は房総半島を省略しないし,青森の人は陸奥湾を省略しない……。

アメリカ人に,いや日本人にもぜひ世界の略地図を描かせてみたいもんです。

中世のヨーロッパ人の世界図がOTマップだったように,あるいは中華帝国にとって世界が中国と東夷・南蛮・西戎・北狄から構成されていたように,実に興味深い図が見られる,と思うのですが……。
Posted by ゲスト at 2006年05月08日 14:56
>死ぬのはやつらださん
あー山本。何なんだ、あいつも。
Posted by 非国民 at 2006年05月08日 19:19
もぐら似のYさん
その遊びは面白そうですね。広く浅くがモットーの私は、やたらと色んなところを省略してそうです。
ところでOTマップというのが分からなくて、しばし調べてしまいました。マルにTだったんですね。なんと雑な・・・
Posted by 非国民 at 2006年05月08日 19:43
おそらく、30代以上の日本人の8割ぐらいなら、イラクの場所は分かると思う(信じたい)ます。それは善悪は別にして、画一的な義務教育の成果でしょうね。
まぁ、最近はアメリカの場所がわからない頭の痛い人も居ることですし、なんとかならないですかね
Posted by ゲスト at 2006年05月08日 21:32
やまさん
>アメリカの場所がわからない頭の痛い人
本当ですか。あーもう目眩が。。。
Posted by 非国民 at 2006年05月09日 00:13
ゴールデンウィークにイタリア旅行したブルジョアな私は、ギリシャと旧ユーゴの位置関係が分かりませんでした……許容範囲だよね?!
Posted by ゲスト at 2006年05月09日 18:43
あたし、10年ぐらい前に広島出張するまで、広島県と山口県の位置を逆に覚えていました。
これは我ながら、許容範囲を超えていると思う・・・。
Posted by ゲスト at 2006年05月09日 20:05
山辺さん
この15年ほどで、世界地図は大きく変わりましたからねえ。私も少しは勉強してるつもりですが、「学校で学んだ頃には無かった国」は、どうしても危ないです。
私も恥を白状しますと、長い間「チェコスロバキア」で一つの地名だと信じてました。

gegengaさま
それは私も許容範囲外だと思います。下手に擁護して敵を増やしたくない・・・
Posted by 非国民 at 2006年05月10日 00:13
二宮書店から出ている『データブックオブザワールド』という本(というか資料集)が面白いですぜ。
ぜひ一家に一冊。
Posted by ゲスト at 2006年05月10日 17:29
もぐら似のYさん
おお、これはなかなか。
Posted by 非国民 at 2006年05月10日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック