2020年09月09日

甘酒を嗜む孟秋尚熱の候

8月に少しだけ働いて再び失業者の境遇に戻る。酒を飲むのに昼も夜も朝もない。こういう輩を人間のクズと言うのか。

本日飲みたるは、地元千葉県の老舗である鍋店さんの一本「仁勇 純米生とろり酒」。ラベルにはもち米四段仕込み極甘口の表記あり。私は冷酒が身体に合わず常温で飲みたい派なので、生酒に手を出すことは滅多にないのだが、なぜか気になって買い込んだブツだ。

世の中には夏の生酒というのもあるが、このブツを買ったのは冬だ。気になって買い込んだ割には、さあ飲もうかという気にはならず、半年以上も冷蔵庫の中で寝ていた。人間の考えることは分からない。

半年以上も寝ていた酒を出してみると、裏ラベルに瓶を立てた状態で冷蔵庫で保存して下さいと書いてある。そういう大事なことはもっと早く言ってくれなきゃ。。。

とろり成分が完全に沈んでいるので、よく振って器に注ぐ。
IMG_0168.jpg
こういう感じ。

味は、まあ、あれだな。甘酒だ。極甘だが酸味がしっかりしているので、これはこれで悪くない。米の味も濃い。アルコール感は皆無だが、ラベルにはアルコール度数11度と書いてあるので、いい気になってぐびぐび飲んだらやばそう、ではある。炭酸で割ってぐびぐび飲むのはあり、かな。

ツマミは特に必要ない。というか、これに合うツマミを全く思いつかない。

文句なく美味しいけど、本当は冬に飲むのが正しいんだろうなあ。
 


posted by 非国民 at 06:04| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
甘酒は 夏の季語なり 片日陰


検索しました。
なんで夏なのか。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47350
Posted by kuroneko at 2020年09月10日 11:02
知りませんでした。。。
美味しかったので夏に飲むのは全然ありだと思うのですが、買った時とは味が変わっている可能性も高いです。
Posted by 非国民 at 2020年09月10日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]