2009年02月04日

金のねぶた

goldnebuta.jpg
青森市出身の俳優、彩生カナメ氏から頂いた1本。銀のねぶたは何度か飲んだことがあるが、金は初めてだ。

異郷の者にはねぶたの絵がちょっと怖いが、中身は実に美味しい。缶に記載されたピャッチコピーは銀ねぶたが「完熟まろやか」、金ねぶたは「酸味スッキリ」である。ジュースにするのは勿体ないと思えるほど上品なリンゴの味が素晴らしい。生絞り風の野趣を持ちつつも、コピー通りのスッキリした味わい。モンドセレクション金賞受賞だそうである。

東京でも売ってれば、もっと飲むのになあ。
posted by 非国民 at 02:15| Comment(6) | TrackBack(1) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

丸山牧場のクッキー

200811110255000.jpg

先週の現場で差し入れを頂いた。出演者の知り合いである丸山牧場の丸山様より、手作り無添加のバタークッキー。とても美味しうございました。

こういう素敵な差し入れを頂くと「ああ、この仕事をやっていて良かった」と本当に思う。何の御礼も出来ないので、ここで宣伝しておこう。

秩父へお出掛けの際は、ぜひ下吉田の丸山牧場でクッキーを。
posted by 非国民 at 03:10| Comment(14) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

男の味

思わずコンビニで眼を疑う。サントリー「男のビックル」。

ボトルに大書された「男」が、気になって仕方がない。
10120-1.jpg
こういうことに「男」は関係無いだろ!

もちろん、こういうことに限らず、世の中のぼとんどのことに「男」も「女」も関係無いわけで、だからビックルのボトルでことさらに「男」を主張されても訳が分からず戸惑うしか無い。

男性マーケットにアピールしたいという意図は想像がつくが、それにしてはあまりにも安易というか、思慮が浅いというか、センスが無いというか、とにかく酷い。酷すぎる。以前からビックルが好きだった男たちは怒ってるんじゃないだろうか。

例えば女性をターゲットにした日本酒として「女の高清水」とか「女の八海山」とかが売り出されたら、あなたどう思いますか。そのネーミングは思慮が浅いと思うでしょ。演歌のタイトルじゃあるまいし、恥ずかしすぎる。そしておそらく女性マーケットには(もちろん男性マーケットにも)歓迎されないだろう。

男にはそのデリカシーが無いのだと思われているとしたら、あまりにも悲しい。
posted by 非国民 at 20:48| Comment(11) | TrackBack(1) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

それはニョッキだ

先日、若い娘さんと食事をしていたら、不思議な食べ物に遭遇した。
目の前の皿にカシューナッツ大の正体不明な団子が載っている。

非国民「これ、何?」
娘さん「ニョッキ。ジャガイモと小麦粉を練ったものだよ」

ふと思い出したことがあって

非国民「そう言えば、私の知り合いの江戸っ子が、コドモの頃に、潰したジャガイモと小麦粉を練って茹でた団子に甘辛いタレをつけて、おやつ代わりに食べてたんだって」
娘さん「だから、まさにこれよ。同じものだよ、きっと」

そうか、ニョッキだったのか。聞くところによれば、イタリアの家庭料理らしい。
一体いかなる経路でイタリアの家庭料理が江戸っ子のおやつ代わりへと伝播したんだろう。それともこれは、一種の平行進化と言うやつだろうか。謎は深まるばかり。

私の食したニョッキは、ホウレンソウを一緒に練り込んだもので、ヨモギ餅のような外観を呈していた。カルボナーラソースが絡めてあって、なかなかの美味。
posted by 非国民 at 19:32| Comment(20) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

米を食う

いらっしゃいませ。ここは辺境音楽と毒物ドリンクと粗食のブログです。
粟(アワ)黍(キビ)に続いて、今回は米を食べてみましょう。

続きを読む
posted by 非国民 at 20:47| Comment(12) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

黍を食う

いらっしゃいませ。ここは辺境音楽と毒物ドリンクと粗食のブログです。
前回の粟(アワ)に続いて、今日は黍(キビ)を食べてみましょう。

続きを読む
posted by 非国民 at 22:51| Comment(13) | TrackBack(2) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

粟を食う

先日は、あまりの値段にびっくりして買わずに帰ってきてしまった粟(アワ)。意を決して食べてみた。私は何をやってるんだろう。

続きを読む
posted by 非国民 at 17:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ねぶた缶

ねぶたジュース。関東では滅多に見ない。nebuta.jpg
見ないどころか、ほとんど知ってる人はいないんじゃなかろうか。私も自販機で初めて見た時は異形のパッケージデザインに相当ビビった。だいたい、ぱっと見で何のジュースなのか皆目見当がつかない。ねぶたの缶詰かと思う。

製造元は青森県りんごジュース株式会社。この官とも民ともつかぬ人民公社のような社名からして既に怪しい。

かくも堂々と毒物の気配を発散しつつ、驚くべきことに、これが実に美味なるリンゴジュースなのだ。完熟したりんごの濃厚な味、その人工的じゃない甘さが身体に染み渡る。もちろん、どこぞの似非ジュースとは違って香料などは一切入っていない。

私の知る限り都内で一カ所だけ、コレを入れている自販機があって、近くを通るとつい買ってしまう。以前はロング缶が入っていて、こいつがまた缶一面にねぶたの描かれた強烈なインパクトだった。でも中身は美味しい。

近所で売ってればもっと飲むのになあ。
posted by 非国民 at 23:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

高級食材

漢字が読めないという話の流れで、粟も稗も黍も食べたこと無いと白状したら、DoXさんが「雑穀米」ちゅうのんを売っとると教えてくれた。

さっそく近所の店で探してみたら、おお、売ってるじゃないですか。混じり物ばかりじゃなくて、粟や黍はそれだけでも売っている。

しかし、これが高い。100gで200円以上する。驚いた。

粟とか黍は、こう言っちゃ失礼かもしれないが、貧乏人の食べ物だと思っていた。だったら何で私が今まで食べなかったのか、それは大いに謎だが、とにかく米よりも高いことは無いだろうと、勝手に思い込んでいたのだ。だってそうでしょう。米よりも高く売れるんなら、もっとそこらじゅうで作ってても良いはずだ。

ところがどっこい、米どころか豚肉よりも高い。まるで高級食材ではないか。そういうもんなんですか世の中。

びっくりして買わずに帰ってきてしまった。
posted by 非国民 at 00:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

枝豆こんにゃくとうふ

 
高崎駅構内の土産物屋で売ってた一品。パッケージには「粋な味」と記されている。粋な味がどんな味なのが皆目見当がつかないけど、どうせ自分が食うんだからと気楽に購入。
ではこれで一杯やってみましょう。
 続きを読む
posted by 非国民 at 01:27| Comment(10) | TrackBack(2) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする